雑談や音楽情報、スイーツ情報などです。2011年製作再始動!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、お仕事でサーバーの購入についてお悩みのお客様から電話がありました。

昔、私の会社のFさんが使ってたサーバーが欲しいというような内容でした。

どんなサーバーだったか聞いたら、
「とても小さくて、リナックスで動いて、確かサンマイクロシステムズのだったです」
と言われ、サーバーの知識が浅い私は、困ってしまいました。

そこで、私を担当してくれてるシステム商談窓口の人に聞いたら
「たぶんソレはもう売ってないから、別なものを提案するしかないので、サーバーを使って何がしたいのか聞きに行こう」と言ってくれました。

そのシステム商談の人と、例のFさんのスケジュールを空けてもらって、今日、そのお客様のところに行きました。

お客様とFさんとシステム商談の人が話している事はさっぱりわかりませんでした。

何度か『コバルト』と言う言葉が出てきて、ああ、コバルトが欲しかったのかと思いました。


私がまだ新人の頃、とあるお客様のところに訪問した際、小さくて可愛らしくて、美しい青色の筐体があったので、これは何かと聞いてみると『コバルト』というサーバーで今はもう売っていないと教えてくれたのです。

しかも、そのお客様は、私が初めて営業として契約を取った記念すべき第一号契約のお客様だったのです。
注文書に捺印をいただいた後、私はとても嬉しそうにしていたらしく社長様に「嬉しそうな顔だね~」と言われて、ちょっとえげつなかったかなと焦ったものです。

その後も色々と話を聞いてくださった社長が大好きだったのに、今年の一月にアポを取ろうと電話をしたら、「昨年12月に亡くなった」と聞いて、とてもショックでした。

『コバルト』を見たのは後にも先にもそのお客様の所だけでした。


「どんなサーバーが欲しいか」という3者会談の内容は意味不明だったので、『コバルト』というワードから派生して、新人の頃を思い出したり、担当を外れてしまったお客様の事を思い出してみたり、今は亡き社長に想いをめぐらせたり、心此処に在らずといった状態に陥りました。

結局、会談はいつの間にか見積もりを出す方向に進んでいました。
もし売れたら20万円ほどの売り上げになるであろう事だけはきっちり確認し、メモをしていました。

帰りの車の中で、
「私は必要なかったかな・・・」
と思い少ししんみりしましたが、ある意味手離れのよい仕事だと自分を納得させ、上司には「サーバーが売れそうですよ^^」と報告しました。



【2009/04/09 22:46】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。