雑談や音楽情報、スイーツ情報などです。2011年製作再始動!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週末、田園を突っ走れる、見通しの良いバイパスを走っていたら、
濛々と立ち上る黒煙を発見しました。

こりゃ、火事だ!しかも1件全焼じゃすまないレベルだろうなー
きっと火元の両隣も類焼しているかもしれない…
そんなことを考えつつ、あんまりにも酷い煙でしたので、
なんだか心配で、消防局の情報サービスに問い合わせました。

機械的な音声が火災現場をお知らせするサービスなのですが、
そこで火元の地区を聞いてゾッといたしました。

なんと、私が目測であの辺が燃えていると想像していた場所よりも
ずっと遠い隣町が燃えているというではないですか。
黒煙を見た場所からの距離で言えば、あの辺が燃えてるかな?と思った場所から
5倍ほど遠いのにもかかわらず、あれだけの煙を確認できる状態では、
もはや両隣類焼などという規模で済まされるわけがない。

黒煙の量と距離を考えれば、工場が爆発したとか、ガソリンスタンドが火事だとか、
一般的な建物火災とは段違いの大火事になっている可能性が高いですし、
その地区に知人も住んでいたりなんかして心配でたまらなかったのです。

翌日の地元紙の一面に、17棟全半焼と記事が出ていて、
まるで大爆発でもあったような、焼け跡の写真が掲載されていました。
こうなる前は、とても素敵な昔ながらの商店街でした。

風が強かったり、道が細すぎて消防車がうまく入れなかったり、
諸々不運な条件が重なった結果、あっという間に燃え広がって、
鎮火に5時間を要するものすごい大火事だったのです。

今日は仕事でその近くを通る予定だったのですが、
焼け跡周辺が危険地帯になっているらしく、通行止めになってました。
知人は少し離れているところに住んでいて無事でした。


火災といえばとても忘れられない思い出があります。

以前、1人でアパート暮らしをしていた時の事です。
テレビを消して寝ようかと思ったら、消防車のサイレンが鳴りすぎるので、
ドアを開けてみると近くで火が燃え上がっていて、地域住民が大騒ぎしていました。
私の住まいから徒歩30秒の近距離にある学生アパートが燃えており、
そこも都合の悪いことに道が細いため消火に手間取った結果、
アパートは全焼してしまいました。

翌日、その火元は空き部屋で、放火の線が濃厚との発表があり、
私はビクビクして生活するハメになるのです。

すると驚いたことに、1週間もしないうちにまた夜中にサイレンが鳴りすぎるので、
まさかと思いながらドアを開けると、先日の火災現場とほぼ同じ場所から
同じように火が出ているではありませんか。
そして、前回にも増して地域住民は大騒ぎして、半ばパニック状態。

それもそのはず。近づいてみるとまたアパートです。
そのアパートは、前回燃えたアパートの隣にあって、大家も同じ。
古くなって使っていなかったのですが、先日焼け出された学生が、
とりあえずいっせいに移り住んだ先だったのです。
この古いアパートも、全焼してしまいます。

路上にはうなだれたり、泣いたり、呆然としたり、怒りをあらわにしたり
そういう学生さんが何人もいました。
彼らは1週間に2回も災害にあったので気の毒でしたし、
完全に放火以外ありえない状況に緊迫した空気が漂いました。

かわいそうな学生さんたちは、大学の斡旋で、何組かに分かれて、
次の住処に移り住んだのですが放火犯は捕まらず、
2棟の焼け爛れたアパートの近くに住む住民は私も含めて不安な日々を過ごします。

すると!また1週間もしないうちに、焼け出された学生の移り住んだ先で
火災が発生するのですが、ボヤ程度で終わりました。
実はこの火元の学生が放火犯だったのです。

犯人は定期試験を延期させるため、自分のアパートに火を付けていたのです。

犯人逮捕をもって、地域は連続放火の恐怖から開放されましたが、
2度も家財一式を丸焦げにされて、焼け出された学生さんは
どれほど辛い思いをしたものか…

まったく酷いお話でした。

道が細い宅地や商店街は、素敵な景観ですが
火災には弱いものだと感じます。
道幅の狭い所には二度と住むまいと心に誓いました。

【2010/07/27 21:03】 | 雑談
トラックバック(0) |


STiNKY
火事は怖いです
自分はあまり火事に遭遇したことがありませんが、この記事を読んで改めて火の元に気をつけようと思いました(^^)


火事は全部なくなるので恐ろしいですよ。
火の元注意して、家の周りには燃えそうなものを置かないでね!


kou-kei
自分も家の寺が燃えたときは
流石にあせりました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
火事は怖いです
自分はあまり火事に遭遇したことがありませんが、この記事を読んで改めて火の元に気をつけようと思いました(^^)
2010/07/28(Wed) 21:46 | URL  | STiNKY #-[ 編集]
火事は全部なくなるので恐ろしいですよ。
火の元注意して、家の周りには燃えそうなものを置かないでね!
2010/07/29(Thu) 23:22 | URL  | 鶉 #-[ 編集]
自分も家の寺が燃えたときは
流石にあせりました。
2010/07/30(Fri) 03:14 | URL  | kou-kei #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。