雑談や音楽情報、スイーツ情報などです。2011年製作再始動!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘か誠か、ビル・クリントン元大統領の奥様であるヒラリー・クリントンの逸話でおもしろいものがあります。


ある日、ヒラリーの地元を大統領の夫と車で走っている時、ガソリンスタンドに立ち寄った。
そこの店員を見てヒラリーは「彼、私の昔のボーイフレンドなのよ」と言った。
すると、嫉妬したビルは
「君はボクと結婚して良かった。そうでなければ君はスタンドで給油の手伝いだよ。」と得意げに言うのです。

そこでヒラリーのパンチライン
「おばかさんね!あの人と結婚してたらあの人が大統領になってるのよ!!」

あくまで逸話ですので、真相は闇の中ですが、ヒラリーなら有り得ると思ってしまいます。

ヒラリーはアメリカで弁護士をやっていただけに頭脳明晰。
大統領時代の夫にアドバイスをするなど最強のファーストレディーといわれた女性です。
その後は上院議員、国務長官と政治の道で大活躍。

そんな彼女は態度のでかさにも定評がありますが、ここまで浮世離れした経歴の持ち主です。
それくらいじゃないと逆にアレよね…なんて庶民の考えです。

【2009/09/26 21:03】 | 雑談
トラックバック(0) |


未熟者
ワープアのリリックを間違えてしまい、本当にすいません…大変失礼しましたm(_ _)mカツゼツは全く問題ありません。僕が勘違いして覚えていただけです。ごめんなさい・・・
これからは一日50回聴きます。

凄まじいですねヒラリー。ヒラリーマンの僕なんか相手にされないだろうな。女性は強い!UZURA様もヒラリーに負けず劣らず強そう(^^)


STiNKY
ヒラリーのように喋りが上手くなりたいっす


>>未熟者さん
私は小心者なのでヒラリーなどは指を咥えて見ているだけであります。
ワープアのほうお願いしますm(_ _)m

>>STiNKYさん
相手に聞いてもらえるように話すってのはスキルがいりますよね。
ヒラリーレベルまで行ったら横柄な態度でも幸運をつかめそうです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ワープアのリリックを間違えてしまい、本当にすいません…大変失礼しましたm(_ _)mカツゼツは全く問題ありません。僕が勘違いして覚えていただけです。ごめんなさい・・・
これからは一日50回聴きます。

凄まじいですねヒラリー。ヒラリーマンの僕なんか相手にされないだろうな。女性は強い!UZURA様もヒラリーに負けず劣らず強そう(^^)
2009/09/27(Sun) 02:13 | URL  | 未熟者 #-[ 編集]
ヒラリーのように喋りが上手くなりたいっす
2009/09/27(Sun) 11:42 | URL  | STiNKY #-[ 編集]
>>未熟者さん
私は小心者なのでヒラリーなどは指を咥えて見ているだけであります。
ワープアのほうお願いしますm(_ _)m

>>STiNKYさん
相手に聞いてもらえるように話すってのはスキルがいりますよね。
ヒラリーレベルまで行ったら横柄な態度でも幸運をつかめそうです。
2009/09/27(Sun) 17:35 | URL  | 鶉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。